第73回 バンダレコード ライオン堂高宮店さん

全国のスゴいお店を紹介していく「つのはず誠の“元気が出る<CD>ショップ”」。第73回は、長野県松本市のバンダレコード ライオン堂高宮店さん(以下、敬称略で“ライオン堂”と呼びます。Twitterは@liondocom。)ちなみに、ライオン堂は1978年創業で、地域に愛されて今年35周年のお店です。

ライオン堂は、この高宮店が中心部の松本駅から南西1.5kmほどの郊外にあり、他にも市の東部にあるショッピングセンター、カタクラモール内の支店もあります。この高宮店、確かに郊外の大通り沿いで、駐車場もだだっ広く、しかも24時まで開けていらっしゃるお店ということで、「はは~ん、(地方の)B-BOY系の複合店だろうな」と思う人もいそうですが、実はオーディオ&ビジュアルの専門店で、しかもそのコーナー作りが専門店ならではのアイデア満載なのです!

IMG_2501
ニコ動やボカロ・コーナーを堂々と“N-POP”と呼んでしまう豪快さが素敵!店舗規模からするとかなりの充実ぶり。

IMG_2502
ハードロック&ヘヴィ・メタルのコーナーをこんなに揃えている地方店も珍しい。メタリカと陰陽座が同列にあるというのも嬉しいお店ですね。

IMG_2503
長野県といえば、小澤征爾さんの復帰コンサートで大いに話題となりましたが、そのホットな感じもお店がしっかりと伝えてくれます。それこそが地方発のメディアやショップの魅力ですよね。

IMG_2506
寒い地域のシェアが圧倒的に大きい演歌は当然ガッツリ。インデックスが筆文字っぽいのも雰囲気出ています!!

アニメのCDも多く、声優さんのサイン会などイベントも多数開催し、またアニメとの相性の良いニコ動系作品を“N-POP”と名づけて棚をしっかり取って展開。かと思えば、HRHM(ハードロック&ヘヴィ・メタル)コーナーも充実、さらに松本と言えばサイトウ・キネン・フェスティバル、ゆえに小沢征爾コーナーも充実、トドメに寒い地方は演歌でしょ、と盛り沢山!!店長の内藤謙さんによると、お客様は、社会人~年輩の方が多いとのことで、確かに、うるさい音楽コアファンの中高年をあちこち集めると、ジャンルは分散して幅広くなりますが、そのジャンルのファン以外が見ても、あちこちに「あっ、あれ何かな?」というコーナーがあるのが魅力。だからこそ、リアルショップならではの意外な併せ買いがお客様も楽しめそうですね。やっぱりフック作りって大事だなと勉強になります。次に、シングルチャートを見てみます。

IMG_2511
アニメは、CDだけじゃなく映像コーナーも綺麗ですね。

IMG_2510
「どれ3」コーナーも、「1枚OK」の文字がデカデカ!これも、お客様のハートを鷲掴み。

IMG_2507
ブルーレイコーナーは、「どれ3」などの特価コーナーを覗いてもこの充実度。上方の作品が取りたい時は、気軽に店員さんにお声がけ下さい(店長談)。

ライオン堂 週間シングルTOP10 (2013/11/25~12/1)
順位 作品名 アーティスト名
1 Sweet Refrain Perfume
2 バレッタ 乃木坂46
3 ふな ふな ふなっしー♪ ふなっしー
4 Music S.T.A.R.T!! 4 μ’s
5 クリスマス・イブ(30th ANNIVERSARY EDITION) 山下達郎
6 フレンチキス KARA
7 rainbow heart rainbow dream☆ 井口裕香
8 もう泣かないで DEEN
9 DIAMOND SKIN GLAY
10 Sticking Places スフィア

1位は同時発売の乃木坂46をおさえてPerfumeとなっています。ちなみにオリコンではPerfume=5.8万枚VS乃木坂39.5万枚ですが、一般流通では全く逆転しているという典型例です。また、3位のふなっしーの上位ぶりから、すでにご当地を超えて全国キャラであることも実感。さらに、7位、10位にアニメ系が強く、同市内にアニメイトがあるのに、こうやってしっかり展開すれば一般店でも売れるんだな~と多くのお店の励みになりそうです。その一方で、DEEN8位(全国では36位)というのも、『科捜研の女』の視聴者となりそうな中高年~ベテランのビーイングファンをしっかり押さえているということでしょうね。最後に、ライオン堂の若手スタッフ、守屋さんよりオススメアルバムをご紹介いただきました。

関ジャニ∞『JUKE BOX』

約2年ぶりとなるオリジナルアルバム「JUKE BOX」はロック・ポップス・フォーク・ダンスなどバラエティ豊かで多彩な音楽がちりばめられた1枚。
1曲目、前山田健一(ヒャダイン)書き下ろしの「TAKOYAKI in my heart」は、大阪色が強くまさに”関ジャニ∞”を表現している曲で、自然と「JUKE BOX」に入り込めるように仕上がっていて、メンバーの個性溢れるソロも聴き所たっぷりです。
13曲目「Your WURLITZER」は、メンバーの錦戸亮・安田章大共作曲のロックナンバーと、ヒットシングル以外も、多彩な全15曲収録された「JUKE BOX」オススメです!

IMG_2508
ちなみにジャニーズの向こうにある「クロス×アイドル」なるコーナーは、「昭和から活躍するアイドル」と区別した近年のアイドルグループ全般を指すそうです。確かに、中高年のお客様は、この2つを区別して特集して欲しいかも~!

IMG_2505
ユニバーサルから大量にリリースされた999円サウンドトラック・コーナーがこんなに充実しているなんて~。というか、サウンドトラックだけで、このスペースも圧巻!松本市民は他の中都市民より絶対に幸せです!

IMG_2509
長野県民を総プッシュしている“信州物産展”コーナー。長野といえば、三四六のCDを見かけますね~♪故郷が長野の人は、ここを見るだけでもホッとしそう~。

IMG_2504
こちらは中古CDコーナー。洋楽だけでこの量あるのも一つの魅力かも。あと、B○○K・○FF(○は伏字です(笑))よりも棚の整理が綺麗で見る気になります!

ヘビメタ、R&B、アニメ、クラシック、演歌と様々なジャンルが出てきたので、いったいどんな名盤珍盤が出てくるのか!?と思いきや、なんとこのコーナーでは珍しいジャニーズ作品をピックアップ(これまた意表を突かれた~。)でも、このアルバム、確かにいろんな音楽の要素が含まれているので、まさにライオン堂らしい1枚かもしれません。

それにしても、郊外は「パチモン系の安いミックスCD置いて~、ヒップホップ置いて~、あとは誰でも買う定番ベスト置いとけば、ザッツオール!」みたいなお店もある中で、こんなに面白く展開されていれば通うのが楽しくなりそう。その勇者ぶり、ライオン堂という名前に相応しいですよね。今回も勉強になりました!またお邪魔させて下さ~い♪

つのはず・まこと。1968年京都府出身。地元国立大学理学部修了→化学会社勤務という理系人生を経て、97年に何を思ったか(笑)音楽関係の広告代理店に転職。以降、様々な音楽作品に携わり、05年にT2U音楽研究所を設立。現在は、本業で音楽分析やCD企画をする傍ら、日経エンタテインメント!、共同通信、歌ネット、日経トレンディネット、月刊タレントパワーランキングなどでも愛と情熱に満ちた連載を執筆中。Twitterは@t2umusic
12/4に発売された『日経エンタテインメント!』のP44~P47にて、2013年の音楽ヒット動向についてまとめました~。オリコンの年間チャートでは、「AKB、AKB、AKB、AKB、AKB、EXILE、嵐・・」ですが、一般流通に基づいたサウンドスキャンでは「嵐、AKB、関ジャニ∞、サザン~」となり、こちらの方がショップの皆さんの感覚に合うのでは?(オリコン101万枚の「EXILE PRIDE」は、ここでは7万枚弱しかありません。)さらに、CDに限定せず、ダウンロード、動画&歌詞検索、カラオケを総合すると今年のヒットは、「恋するフォーチュンクッキー」「RPG」「にんじゃりばんばん」「紅蓮の弓矢」だったことが一目瞭然です。今や、ヒット曲を見るには複眼的な目線が必要で、それに基づいてアルバムまでのアーティスト支援をショップではなさっていかれるのが得策かと思います♪

記事一覧