第88回 サウンドコミュニケーションWe’s 新潟亀田店さん

全国のスゴいお店を紹介していく「つのはず誠の“元気が出る<CD>ショップ”」。第88回は新潟県新潟市のサウンドコミュニケーションWe’s 新潟亀田店さんです。

こちら新潟市の南部、亀田地方にあるショッピングセンターAPITA内にあります。APITAと言えば、これまでの連載でも度々出てきましたが、その黄色い三角マークという親しみやすさからか、ご年輩と子どもを連れた女性が多いというのが共通しています。それゆえ、こちらも下の写真のように、演歌・歌謡曲のカセットがズラリ&キッズ・コーナーも番組やブランドごとに細かく分類できるほど充実しています。ドライブ中に子どもがグズったり、おじいちゃんが機嫌を損ねたり(?)した時は、道中でAPITAを見かけ次第飛び込んでCDショップを探せば、まず間違いありません!

DVC00039.JPG
こちら入口で、中央にレジカウンターがあるのが、ちょっと面白い構造になっています。

DVC00031.JPG

DVC00032.JPG
演歌コーナーは氷川きよしだけで1ジャンル級の扱いで少なめ・・・かと思いきや、超充実のカセット・コーナー。今年は、男性演歌が当たっているので、このコーナーも元気です!

DVC00030.JPG

DVC00037.JPG
充実のキッズ・コーナー。『こびとづかん』『ノンタン』・・の右上に『進撃の巨人』を置いて、子供たちは泣き出さないでしょうか(笑)。それにしても、キッズ・コーナーはやはり明るい色のパッケージが目立ちますね~。

また、こちらから1km内という超近距離(新潟は広大なので、1kmは近所のようなもの)に、某大型ショッピングセンターが7年前にオープンし、しかもこれまた日本を代表する元気なCDショップが出店しているので、こちらは大丈夫かな・・・と勝手ながら心配したのですが、だからこそ演歌やキッズもデカく展開されているのだなと実感いたしました。

さらに、それだけではなく、数年前訪れた際に大きなスペースのあったK-POPコーナーを、今年は“EXILE PERFECT YEAR”と連動して、EXILE TRIBEコーナーを常設!これだけ大きなコーナーはなかなか見かけません。また、ロックや女性アイドルなどとりわけ強い訳じゃなかったジャンルも、新潟関連のイベントやアーティストとリンクさせて、分かりやすく展開されているなと思います。

DVC00033.JPG
EXILE TRIBEだけで数年前のK-POP並みの超VIP待遇!!

DVC00035.JPG
毎夏恒例の“音楽と髭達”コーナーの設置。ロックが強い訳じゃないAPITA内のショップにもこうしたコーナーが出来るほど定着してきました♪

DVC00040.JPG
新潟を代表するアイドル、Negicco。(手書きPOPは、Cが1コ足りないような・・・。(汗))ライバル店のレーベル歌手でも応援する懐の深さも良い感じです!

クラシックやヒーリング、ジャズも、ライトなリスナー向けに展開。しかも、他のAPITA内のお店のように、クラジャズ系の品数を極端に絞るわけじゃなく、初心者向けでもかなり大量に陳列されているのがユニークだと気づきました。こういう独自な展開があるのは、きっとお客様とのコミュニケーションで、「初心者でも色々と少しずつ聴いてみたい」というニーズに気づかれたからではと想像できます。APITAって、お客様と店員さんの距離が非常に近いお店なので。他にも、ロングセラータイトルをセレクトしプライスダウンで展開されていて、これもこちらのお店だと、より効果が出そうですね。

次に、アルバム・ランキングを見てみます。

DVC00041.JPG

DVC00042.JPG

DVC00043.JPG
クラシック・サントラ・ヒーリングのコーナー。決定盤やベスト100(または101)曲シリーズ、476円シリーズなど、初心者にやさしい作りとなっています。この振り切り方と大規模展開もお見事!

We’s新潟亀田店 週間アルバムTOP10(2014/7/7~7/13)
順位 作品名 アーティスト名
1 ピカピカふぁんたじん きゃりーぱみゅぱみゅ
2 小田日和 小田和正
3 Heart Song Ⅱ クリス・ハート
4 Kis-My-Journey Kis-My-Ft2
5 Timeless w-inds.
6 アナと雪の女王OSTデラックス・エディション (オムニバス)
7 髙橋40年 髙橋真梨子
8 Ballada 安室奈美恵
9 歌い継ぐ!昭和の流行歌 三山ひろし
10 FEEL JUNHO(From 2PM)

きゃりー、小田和正、クリス・ハートとここ1ヶ月の強力作がTOP3を占める点など全体として全国チャートとほぼ同じになっています。・・・しかし!これをベースとしつつ、アイドル出身ながら、この新作は全楽曲外国作家陣が作曲するという需要の有無関係なく(!)音楽性を追求し続けるw-inds.が5位だったり、昨年発売されたベスト盤が売れ続けている髙橋真梨子が7位だったり、さらに紅白未出場ながら歌声の安定感では男性演歌界トップクラスの三山ひろしが9位だったりと、なんとも音楽的なこだわりが見え隠れするチャートで、これもお店が音楽をアピールされているからこその証拠ですよね。最後に、店長の中林さんから、オススメ作品をご紹介していただきました。APITAという場所柄、やはりこれは外せません!!

『アナと雪の女王』 DVD&ブルーレイ

ディズニー史上最大★最高の記録的No.1大ヒット!まさに今年のイチオシ作品!感動的なストーリーはもちろん、なんといってもアカデミー賞W受賞の楽曲の素晴らしさ☆本格ブロードウェイ俳優イディナ・メンゼルなどオリジナルキャストによる迫力の歌唱と、松たか子や神田沙也加ら実力派キャストによる日本語吹き替え版の両バージョンを存分に味わえる!!今後もまだまだ続きそうな“アナ雪旋風”に目が離せません!この他、ディズニー作品も合わせて展開強化中です。

DVC00028.JPG
現在、売れに売れている『アナ雪』コーナー。関連商品もバンバン置いてあっていっそう元気に見えます。

DVC00029.JPG
夏といえば、ジブリ。『アナ雪』旋風で目立ちませんが、『風立ちぬ』も、実は映像ソフトで既に累計20万枚近く売れています!

まさに、APITAはじめショッピングセンター内のリアルショップのために作られたかのような作品。確かに、『アナ雪』で元気になったリアルショップや、ダウンロードサイト、よく見かけるので、やっぱり一人に何百枚買わせるより、多くのファンにちゃんと支持される作品や楽曲が重要だなと、いい加減エグい商売ばかりしている一部レコード会社の一部スタッフも気づいてほしいなと思います。自分が延命するのではなく、業界全体ひいては文化を継承していくという誇りを持ってもらいたいです。以上、コアな音楽リスナーをターゲットにして元気なお店も多数ある中で(無論、これも大正解です!)、ライトなリスナーも丁寧に対応することで、明るい感じにできるのだなと勉強になりました。またお邪魔させて下さ~い♪

つのはず・まこと。1968年京都府出身。地元国立大学理学部修了→化学会社勤務という理系人生を経て、97年に何を思ったか(笑)音楽関係の広告代理店に転職。以降、様々な音楽作品に携わり、05年にT2U音楽研究所を設立。現在は、本業で音楽分析やCD企画をする傍ら、日経エンタテインメント!、共同通信、歌ネット、日経トレンディネット、月刊タレントパワーランキングなどでも愛と情熱に満ちた連載を執筆中。Twitterは@t2umusic
畑中葉子のソロデビュー35周年を記念したビクター時代のソロ作品全集『後から前からBOX』が8月20日に発売されます。詳しくはコチラ。こちらの企画やロング・インタビュー執筆を担当していますが、“後からも前からも取り出して楽しいBOX仕様”とか、“良心的なロック価格、6900円!”といった価格設定など、放置していては誰も取り上げてくれないので大量にネタを仕込みました(微笑)。勿論、ボーナス・トラックもレアなカバー音源も大量で音楽的にも十分楽しめます。DVDが付いていないので、ポイント的にはネット通販(1~5%)よりもお店の方が有利です。どうぞお店でも、実物のBOXの楽しさをアピールして頂ければ嬉しいです♪

記事一覧