第96回 山野楽器ラスカ平塚店さん

全国のスゴいお店を紹介していく「つのはず誠の“元気が出る<CD>ショップ”」。第96回は神奈川県平塚市の山野楽器ラスカ平塚店さんです。(以下、敬称略。)

ラスカは、茅ヶ崎、平塚、小田原にあるJRの駅と隣接した商業ビルとして有名です。駅ビルというと、オシャレな全国チェーン店が入っていて、地域の中でそこだけ都会的な部分がままにありますが、ラスカはどこもお洒落なのにとても庶民的なのが特長です。それは、湘南という土地柄なのか、ラスカのポリシーなのか私には分かりませんが、例えば夏なんてビーサンに短パンのお客さんも普通に見かけます。

009
試聴機&オススメ・コーナー。ピックアップされた作品のラインナップも手書きの熱血コメントも、山野楽器で見ると新鮮です!

008
山野楽器全体で強いジャニーズ・コーナーの横に、EXILE TRIBEコーナーも!これもかなり意外ですね。

001
過去の宣材と、今後のリリース告知&予約を上手く組み合わせた例。謎のキャラクター(ちびまる子ちゃんの藤木!?)のイラストも素敵(微笑)。

007
店員さんにファンがいらっしゃるのであろう、愛情たっぷりのhideコーナー。X JAPANのMステ出演告知もあるほどの丁寧ぶり。

そして、そんな土地柄に後押しされてか、平塚ラスカ店も、とても親しみやすい作りになっています。山野楽器と言えば、落ち着いた音楽中心の気品高いセレクトショップというイメージを持つ人も多いと思いますが、こちらはその良さもありつつ、手書きのPOPや手作りの看板も豊富です。同店ソフト担当の青木さんによると、山野楽器で初めてEXILE TRIBEコーナーを作られたとのことで、この事からもいわゆる“山野ブランド”のイメージとはかなり異なることが分かりますね。山野楽器マークを隠して試聴機コーナーを見せれば、どこのお店か分からない、でも確実に愛情ある展開だと誰もが思うことでしょう。

004
湘南と言えば、テラスハウスの本拠地。この辺りのドライブには欠かせません♪

006
土地柄、子ども達も多いので、キッズコーナーも充実。手作りPOPも良い感じです!

002
他店でよく見られる黄色地×ゴシック文字の廉価映像ソフトコーナーも山野仕様だと赤地や青地で明朝体。確かに、お店に合っています!

003

005
限られたスペースの中、ジャズやクラシック・コーナーも定番商品が押さえられています~。

他にも、湘南エリアはキッズ・ファミリー層が多いこともあり、キッズ向け商品や映像ソフトも豊富、大ファンの店員さんがおられるのか、愛情をかけたジャニーズやK-POPなど男性ポップスターのコーナーも元気。勿論、山野楽器が断然強い大人のポップスや演歌・歌謡曲、楽器販売も充実。山野らしい部分と、らしからぬ部分が良い具合にミックスされていて、しかもそれを湘南というオープンな土地柄が「オールOK!」としている雰囲気が見て取れます!
次に、アルバムチャートを見てみます。

山野楽器ラスカ平塚店 週間アルバムTOP10(2014/12/22~12/28) 
順位 作品名 アーティスト名
1 FUN! FUN! FANFARE! いきものがかり
2 E.G. TIME E-girls
3 Request II JUJU
4 Best Always 大滝詠一
5 WAKE UP 防弾少年団
6 フォー ワン・ダイレクション
7 with LOVE 西野カナ
8 5 Years 5 Wolves 5 Souls MAN WITH A MISSION
9 M album KinKi Kids
10 歌心 恋心 大竹しのぶ

ざっと上位を見ると、全国的なヒットと一致するようですが、よく見るとお店の特長が如実に顕われています。まず、4位の大滝詠一のヒットから山野さんらしいレジェンド・アーティストの強化、そして6位、9位はこちらのお店が特に強そうな男性ポップスターの猛プッシュぶり、さらに10位はそれら両方のパワーで(こちらクロマニヨンズ甲本や斉藤和義、さらにRADWIMPS野田、back number清水、ゴールデンボンバー鬼龍院などロック系アーティストが多数参加)、大竹しのぶが異例のTOP10入りと、どれも納得の順位です。
最後に、オススメ作品をご紹介いただきました。こちら、EXILEコーナーご担当の瀬戸さんからのご推薦コメントです!

E-girls『E.G. TIME』 

EXILEの妹分、E-girlsのベスト的なALBUMが完成!!“ブルー”“グリーン”“ピンク”がテーマカラーになっていて、その中でも彼女たちにしっくりくる“ピンク”を前面にPOPを作ってみました。

どうしたら、E-girlsを目立たせられるか?考えた時にひとつしか思い浮かばなかった!メンバーを倍増させちゃおう!一人一人の写真を切り取って、看板の周りを囲う作戦にしました。より一層レインボー色が増しています!!!「E.G.TIME」感じてください!!!

011

012

014
こちらがE-grilsのPOP。上記「!」の数にも負けない仕上がりです!!!

010
コンピレーション・コーナー。アイドル・コーナー拡充でなくなってしまったお店もある中で、こうしてきちんと展開されていること自体が素晴らしいです。ちなみに、ここにある以外にも『COVER WHITE&RED』や『エンカのチカラ』などロングヒット系のものもありますよ~(←職権乱用(笑))。

オススメ作品にE-girlsが出てくるのも予想外でした。でも、こちらのお店を拝見して、もともと良い部分が浸透していれば、そこを活かしつつ、意外な魅力を取り入れることで、凄く元気に見えるものなんだな~とあらためて思いました。これって、きっと音楽以外のビジネスや日常のコミュニケーションにも通じる法則ですよね。私も勉強になりました!またお邪魔させて下さ~い♪

つのはず・まこと。1968年京都府出身。京都市立衣笠中学校卒。音楽関係の広告代理店での現場たたき上げを経て、05年にT2U音楽研究所を設立。現在は、本業で音楽分析やCD企画をする傍ら、日経エンタテインメント!、共同通信、歌ネット、日経トレンディネット、月刊タレントパワーランキングなどでも愛と情熱に満ちた連載を執筆中。Twitterは@t2umusic
今回は、シングル・チャートで、握手会やイベントに大きく依存せずロングヒット傾向にある意外な作品をまとめてご紹介します。まず、クミコ「広い河の岸辺」が発売から6か月目にして56位まで上がってきました。(先日のNHK『特報首都圏』効果も有り。)また、JUJU「ラストシーン」もアルバム未収録ということもあり、4か月もTOP100に滞在中。ELISAの「EONIAN」はアニメ『楽園追放』主題歌ですが、女性ボーカルファン全般に受け入れられそうな作風で、こちらもロングヒットになりそう。以上、秦基博「ひまわりの約束」や中島みゆき「麦の唄」と併せてチェックしてみてください~。

記事一覧