全国のCDショップ店員が、年に一度の投票で選ぶCDショップ大賞。メジャー、インディーズを問わず、過去1年間に発売された作品を対象とし、一次と二次の2回におよぶ投票を経て、「大賞」の他に様々な賞をアーティスト及びその作品に授与します。全国のCDショップでは、今日も様々な素晴らしい作品があなたとの出逢いを待っています。人生を変えてしまうかもしれない……、そんな作品との出逢いの場をCDショップ店員は日々演出しています!この賞をきっかけに、CDショップの店頭から沢山の素敵な出逢いが産まれたら嬉しいです。

第8回2016

第8回CDショップ大賞 受賞作品

  • 大賞 「YELLOW DANCER」星野 源 / VICL-64439 (2015/12/2)
    「YELLOW DANCER」星野 源 / VICL-64439 (2015/12/2)

    文句なしに素晴らしい作品。星野さんが敬愛するマイケル・ジャクソンのソウル感はもちろん他にも影響を受けたアーティストへの愛が溢れた曲がたっぷり!この作品にリアルタイムで出会えたことを本当に嬉しく思います。今最高のエンターテイナー星野 源から目を反らしたら一生の損!! (TOWER RECORDS下田店 / 平野真哲)

    今、ジャパニーズポップスと言われたらこの人、俳優や作家など多方面で活躍中の星野 源。彼の歌は沈んだ気持ちを明るくハッピーにしてくれる。彼の歌声はもちろんのこと素晴らしいミュージシャンたちを迎えて収録されている楽器の演奏は思わず体が動き出すようだ。2015年の名盤。 (HMVイオンモール福津 / 原田航輔)

準大賞受賞作品

  • 「ジパング」水曜日のカンパネラ / TRNW-0150 (2015/11/11)
    「ジパング」水曜日のカンパネラ / TRNW-0150 (2015/11/11)

    ようやく彼女たちの時代がきたという感じ。侵食という言葉があるけれど水カンの音楽はまさにそれで、じわじわと侵されて気が付いた時にはすっかり虜になっている。好き嫌いが分れるというのは重々承知だけど、聴かず嫌いせずにまずは一度聴いて欲しい。 (ミュージックプラザインドウ / 中野雅)

    追いつけ追い越せなJ-POPシーンに突如として、結構、真面目に、そしてユーモアたっぷりに登場した彼女たち。正義の味方であり、革命家の記念すべきお茶の間への誕生である。 センセーショナルなリリックをポップで心地よいトラックに乗せ、音楽とはこうあるべき!などと難しく考えさせずに、シンプルに聴く耳に小気味よく、J-POPの真髄を再認識させてくれる。 こんな時代だからこそ!これを聴いてあなたも、誰かに“Your Justice!”と心から叫べる気分を!一度、ご堪能あれ! (新星堂 港北東急店 / 大山望)

  • 「Are You Coming?」WANIMA / PZCA-76 (2015/11/4)
    「Are You Coming?」WANIMA / PZCA-76 (2015/11/4)

    音楽ってキモチイイものなんだぜ?ってことを思い出させてくれたWANIMA!今年、CDを販売していて一番キモチヨカッタ気がします。だって、たとえワンチャンだとしても出会ってしまったんだもの。WANIMAでつながったんだもの。 (新星堂 ニッケコルトンプラザ店 / 田中麻衣)

    音楽が好きな人すべてにおすすめしたい熊本出身3ピースバンド。泣きあり、笑いあり、型にはまらない自由な音楽で人々の心を掴む魅力たっぷりなWANIMA。それは、一度聴いたら耳から離れないキャッチーなメロディと感情を揺さぶるどストレートな歌詞。また、力強さや哀愁感、ノリノリなものから激しいものまで、様々な曲を作り上げる彼ら3人自身が持つ人間らしさがあっての事だと思います。その一つ一つが形になっているのだから、好きにならないわけありません!!どっぷりと浸かっちゃってください!グッと刺さります。 (TSUTAYA MD・販促部 / 後藤泰裕)

  • 入賞作品

    • 「L-エル-」Acid Black Cherry / AVCD-32243 (2015/2/25)
      「L-エル-」Acid Black Cherry / AVCD-32243 (2015/2/25)

      まさに2015年ABCの代表とも言える超大作。【愛】という難しいテーマは、様々な角度から考えさせられ共感できるコンセプトで、ストーリーブックの結末も、人によって受け止め方は違うと語るyasuさんの人間らしさにも、改めて感銘を受けました。1曲1曲の音や歌詞に込められた全ての意味に、何度聴いても感動を覚えます。多くの人の心に残り、聴き継がれていく作品だと思います。 (TOWER RECORDS渋谷店 販売促進部 / 大澤眞侑)

      「行かなきゃ 会えない、音がある。」とはまさにこのアルバムのことです!!!メディアに出ることはほぼないのに知名度の高いAcid Black Cherry。それはyasuさんの生み出す曲がいかに素晴らしいかを物語ってます。『L-エル-』はコンセプトアルバムとなっていて、アルバムの曲たちと物語が連動しています。曲だけ聴いて楽しむも良し、だけどオススメは物語と一緒に聴いて欲しいです!!思わず体がノッちゃうゴリゴリのABCサウンドから、yasuさんの高音が染み渡るバラードまで、1枚で何度も楽しめます。多くの方に聴いていただきたい最高のアルバムです!!!!!! (新星堂 下関店 / 永野美稀)

    • 「HAPPY」大原櫻子 / VICL-64342 (2015/3/25)
      「HAPPY」大原櫻子 / VICL-64342 (2015/3/25)

      2015年、間違いなくヒットした歌手の一人が大原櫻子ちゃんです!彼女の力ある歌声で聴くもの全てにインパクトを与えます!このアルバムは彼女の魅力が詰まった作品です! (新星堂 ポートウォークみなと店 /滝川裕章)

      可愛さとさわやかさと、何より曲のキャッチーさ!J-POPの王道! (HMV音楽映像統括部 / 斎藤悌志)

    • 「Obsure Ride」cero / DDCK-1043 (2015/5/27)
      「Obsure Ride」cero / DDCK-1043 (2015/5/27)

      「現在」と「過去」を自在に切り取って最新型の日本を見事に描いた傑作。密度の濃い音楽性ながらさらりと聴かせてしまうあたりがこのバンドの魅力。本当に多くの人に聴いてもらいたいアルバム。 (山野楽器 調布パルコ店 /小林万左志)

      ひとつひとつの音が描く世界は、キラキラしていてカラフルで、とにかく自然と体が踊り出す気持ち良いグルーヴ。ひとつひとつの言葉が描く世界は、幼い頃に読んだ絵本の中の不思議な世界とよく似ている。どこかリアルで、だけど不思議で、まるで映画を観ているかのように音楽と共に目の前に広がる景色はまさしくceroの世界。この『Obscure Ride』は、そんなceroの世界が今まで以上に色鮮やかに鮮明に浮かび上がっていると思います。ceroの音楽だからこそ作り上げられる世界を、極上のナンバーに酔いしれながら体感して欲しいです! (TOWER RECORDS広島店 / 長坂信子)

    • 「シャンデリア」back number / UMCK-1528 (2015/12/9)
      「シャンデリア」back number / UMCK-1528 (2015/12/9)

      聴けば聴くほど味の出る秀作!今までback numberに出会っていなかった人でも、一度聴けば彼らの厚みのある楽曲に引き込まれてしまうでしょう。そんな自分もそのひとり。1曲目の「SISTER」からラストを締めくくる「手紙」までがひとつのメッセージのように感じるアルバムです。 (新星堂 幕張ヨーカドー店 / 今井千夏子)

      back numberらしいサウンド、歌詞、ボーカル清水依与吏の耳あたりが良く何とも言えない表現力は健在で、しかも前作をしのぐクオリティーでは?!タイアップ曲も多く収録されている今作ですが、それ以外の曲も必聴のアルバムです! (HMVイオンモール船橋 / 鈴木茉利子)

    • 「Bremen」米津玄師 / UMCK-1522 (2015/10/7)
      「Bremen」米津玄師 / UMCK-1522 (2015/10/7)

      コンピューターの画面から飛び出して歌詞、曲、動画、そして彼の存在そのものが「今の若者の代弁者」になったのは去年のこと。 そして今年はさらに躍進し、いよいよ「本来の自身の姿」として若者の前に君臨した。彼はついに「若者の代弁者」から「時代のアイコン」へと一歩を踏み出した。このBremenは今の彼の感性が作り得るものに、そして現代を象徴する作品になったのだ。 (HMVイオンモール浜松市野 / 原田美惠子)

      前作までのアルバムには、ニコ動の頃の米津玄師が見え隠れしていたように思う。Bremenは、今までの彼の曲とはまた違ったメッセージ性のある歌詞が魅力的だ。人のもつ明暗の心情が1つのアルバムに含まれている。そこがまた良い。特に14曲目は必聴だ。もちろん彼の持ち味である、変わった音はそこかしこに散りばめられている。このアルバムは、米津玄師を初めて知る人にとっても聴きやすく、彼の持つ世界観にすぐに引き込まれてしまう1枚だろう。 (新星堂 名古屋店 / 伊藤宏恵)

    各賞受賞作品(部門賞)

    • 洋楽賞:「25」Adele(BGJ-5252) 2015/11/20
      「25」Adele(BGJ-5252) 2015/11/20

      アデルのどこが好き?と聞かれたら、「声が好き!」と答えます。太く豊かでやわらかく、そして少し、影のある「声」。グラミー賞受賞で話題となった前作『21』から約5年。届けられた今作は、全体的にロック色がうすれてシンプルなアレンジに仕上がっている分、より彼女の、その深みを増した「声」が際立って楽しめる作品となっています。時に強く、時に儚く、その圧倒的な歌唱は何度聴いても飽きることがありません。なかでも一番のお気に入りは「All I Ask」。何度も聴き続けている大好きな曲です。これから年齢を重ねてさらに深みを増していくであろうその「声」が、楽しみです。 (HMVイオンモール直方 / 神尾修)

      衝撃のデビュー作『19』、グラミー賞の主役をかっさらった『21』を経ての3作目。世界中がこの『25』に期待を寄せる中、その期待を見事に裏切らないどころか(プライベートで母になった影響も多分にあると勝手に推測)サウンドは、前2作よりも耳馴染みが良いというか聴きやすい印象。さらに!Adeleの歌声は説得力を増し、聴くものを切なくも優しく包み込みます。菩薩様のように慈悲深い。なんだかもう…手を合わせて拝みたくなる…そんな感覚。 (玉光堂 ポールタウン店 / 佐藤彩子)

      25歳とは思えぬパワーをたたたえた作品です。リード曲「hello」以外も外れ曲なしです。哀愁を帯びながら力強い声に聞きほれます。 (HMV&BOOKS TOKYO / 横山由佳)

    • マエストロ賞:「葡萄」サザンオールスターズ(VICL-64400) 2015/3/31
      「葡萄」サザンオールスターズ(VICL-64400) 2015/3/31

      唯一無二の音楽であらゆる世代の方が楽しめる、エンターテイメント作品です。何十年も自分達の色を失わず時代に流される事なく、最高傑作を更新し続けているのが本当に凄いです。 (原恵理子 / 山野楽器 イオンモール鶴見緑地店)

      サザンらしさは不変、それでいて新しさにも溢れ…恐るべし。わかっていたことだけれど、それを目の当たりにされました。沢山旅にも連れて行ってもらい、感謝。 (平安堂 物販事業部 / 秋澤加代)

      言うことなし!メンバー全員齢を取っても、音楽センスに磨きがかかったこのアルバムは彼らのイキオイが感じられる1枚。 (山野楽器 販売促進室 /中島光英)

    • ライヴ作品賞:「Deka Vs Deka~デカ対デカ~」マキシマム ザ ホルモン(VPBQ-19093) 2015/11/18
      「Deka Vs Deka~デカ対デカ~」マキシマム ザ ホルモン(VPBQ-19093) 2015/11/18

      これをDVDとよんでいいのか、固定概念をぶっ潰した作品。ホルモンにしか出来ない驚異の視聴方法で全世界を激震させた!ボリュームも満点すぎて腹ペコの脳内も満たされるはず! (新星堂 下関店 / 野崎結衣)

      この値段でこの仕上がりはハンパない!涙あり笑いありライブありの超豪華DVDボックスにライブ活動休止中の彼らがファンを思う気持ちが伝わってきました。 (ディスクユニオン 町田店 / 小川侑里)

      究極の問題作だけど、究極のエンターテイメント作品! (新星堂 小田原ダイナシティ店 / 宮本由理)

    • クラシック賞:「ファンタジー」清水 真弓 (OVCC-00115)2015/5/29
      「ファンタジー」清水 真弓 (OVCC-00115)2015/5/29

      南西ドイツ放送響で首席奏者として活躍するほか、リサイタルやスローカーとのデュオ公演なども行い、さらには古楽器サックバットも操る注目のトロンボーン奏者、清水真弓の初ソロ・アルバム。高い技術力はもちろん、柔らかながらも立ち上がりの良いアタックや、響きの豊かな音色で多彩な音楽を聴かせます。ソロ楽器としてメジャーとは言えないトロンボーンですが、古より「神の楽器」と讃えられたその魅力を、管楽器ファンのみならず、多くの音楽ファンに届ける一枚です。 (HMV商品本部クラシックバイヤー / 久保昭)

      本物のアルバムです。これまでの日本人の概念を超える逸材の登場に、皆、驚くはず。プロ・アマ問わず、多くの音楽ファンに、幅広くお勧めできます。マニアックですが、マニアックでありません。そこが凄いところです。トロンボーン奏者として、ドイツの放送オケの首席というのは重責ですが、日本人としても誇るべき素晴らしい職責です。これからも応援します。 (TOWER RECORDS商品本部洋楽2部CLASSICバイヤー /北村晋)

      ヨーロッパの、クラシック音楽の本場である独墺のオーケストラで、しかもトロンボーンという重要な楽器の首席奏者を務める清水真弓さん。理工学部出身ながら豊富な留学経験を生かし、現在は南西ドイツ放送響という名門の所属です。ベルリン・フィルやサイトウ・キネン・オーケストラでも演奏経験のある彼女の待望の1stアルバムは、楽器の魅力を余すところ無く表現したオリジナル作品を難なく吹きこなしており、玄人をも唸らせる本物の1枚です。 (山野楽器 商品部 チーフMD /峯岡隆)

    • ジャズ賞:「BUTTERFLY」fox capture plan(PWT-18) 2015/11/4
      「BUTTERFLY」fox capture plan(PWT-18) 2015/11/4

      もはや言わずと知れたfoxのフルアルバム。三位一体サウンドのさらに先へ。新しい次元へと足を踏み入れた今作は、サックス・菊地成孔を迎えた楽曲やストリングスをフィーチャーした楽曲などスケール感が押し広げられた快作!しかしSupersonicのようなヒリヒリした緊張感みなぎる疾走ナンバーも収録され、これまでのfoxの歩みを凝縮したまぎれもなく最高傑作だと断言できます! (HMVラゾーナ川崎 / 松野翔太)

      2015年のジャズ・ロックの最先端はここにありました。疾走感のあるロックのビートに絡むピアノは最高にかっこいいです。 (HMVイオンモール羽生 /関山宏二)

      キツネ捕獲計画という謎のバンド名だけでも気になる!?シーンで最も勢いのあるインストバンド!今知っておかないと後悔します!こんなにも激しくて美しい音楽があるなんて。 (TOWER RECORDS渋谷店 / 岩見綾)

    • 演歌賞:「お岩木山」三山ひろし(CRCN-1891) 2015/8/5
      「お岩木山」三山ひろし(CRCN-1891) 2015/8/5

      「詩吟で鍛えた歌唱力で、一節一節、大切に歌い上げる。冒頭の「山よ~」を聞くと、お岩木山が目に浮かんできます・・・。演歌界、当店演歌コーナー、そして、当店演歌購入お客様が、明るくなりました!まさしく、“ビタミンボイス”です! (新星堂 豊橋店 / 鈴木武子)

      以前、焼津のミュージコへ三山ひろしさんの即売を担当させて頂いたとき、お客様から「三山さんが紅白に出れるようにするためには、何をしたらいいでしょうか?」と言われた日のことを今でも覚えています。デビュー前、NHKのど自慢で氷川きよし「白雲の城」を歌ってチャンピオン獲得!紅白初出場も果たしましたね!歌唱力も素晴らしいが、けん玉も三段の腕前の期待大の演歌歌手です! (イケヤTSUTAYA佐鳴台店 / 坂田信康)

      今年の演歌はこの人!男性、女性問わず人気で歌が楽しいと求められる方が多かったです。(新星堂 水戸店 / 梶原僚)

    • リビジテッド賞:「THE BEATLES 1」THE BEATLES(UICY-15437) 2015/11/6
      「THE BEATLES 1」THE BEATLES(UICY-15437) 2015/11/6

      久しぶりに父親から買ってくれ、と頼まれたCD。ジョージ・マーティンの息子ジャイルズがリミックスを担当しているのも象徴的でしょう。音楽は世代を超えて継がれていくもの、というのを改めて強く感じた。 (HMV商品本部 / 古藤大輔)

      今年の再発盤ならコレ! 本作で初めて洋楽に触れるキッズもいるかもしれませんね。 かくいう私も初めての洋楽はビートルズでした!そこからの趣味が高じて今やCDショップ店員。 僕もBEATLESに人生を変えられた一人です。(HMVイオンモール太田 / 尾川和弥)

      名作をより美しく保存できるのは嬉しい!初の映像作品も話題となり、ビートルズ祭でした!! (TSUTAYA那覇新都心店 / 大嶺千華)

    • リビジテッド賞:「SONGS-40th Anniversary Ultimate Edition-」SUGAR BABE(WPCL-12160) 2015/8/5
      「SONGS-40th Anniversary Ultimate Edition-」SUGAR BABE(WPCL-12160) 2015/8/5

      日本音楽史最高峰の大作を現代の音質で!幸せ! (玉光堂 パセオ店 / 鷹巣優一郎)

      山下達郎さんをはじめ、大瀧詠一さんなど現在のシティポップの流れの原点とも言うべき名作を、聞いて居なかった世代に良さを改めて伝えられるキッカケになったと思ったので選びました。 (HMVエソラ池袋 / 久保伸一)

      リミックス、リマスターをそれぞれ2枚のCDに施した、山下達郎さんの強い拘りが強く感じられる、一家に一枚的作品!!貴重な未発表ライブ音源も同時に楽しめる。 (HMV店舗事業本部 / 下境隆夫)

    *初回盤と通常盤がある作品は通常盤をご紹介していますが、作品によっては初回盤がまだ購入できる作品もございます。店頭にてご確認ください。

    コメントカードPOP PDF

    コメントカードPOP JPG(zip)

    ロゴ POP素材 PDF

    ロゴ POP素材(zip)

地方賞作品

  • 北海道ブロック賞:「バックグラウンドミュージック」THE BOYS&GIRLS (VICL-64189)2015/4/22
    「バックグラウンドミュージック」THE BOYS&GIRLS (VICL-64189)2015/4/22

    THE BOYS&GIRLSの音楽は、いつも真っ直ぐで 温かくて 胸が熱くなる。彼等の歌う日常は、聴く人の生活に寄り添い 励まし 背中を押してくれます。北海道を 札幌を愛するボイガル。育った街の空気を 体全体で吸い込んで 音楽で表現している熱いバンドです。 (玉光堂PASEO店 / 兼平幸恵)

    <その他ノミネート作品>「Softly, はじまるよ。」「LIVE LOVE LAUGH」Softry / 「EZOSHIKA」EverZOne / 「KEEP ON STANDING!!」THE TON-UP MOTORS / 「INCEPTION」FROM DAY TO DAY / 「HAKU」爽

  • 東北ブロック賞:「River Boat Song -Future Trax-」朝倉さや (SLSC-0007)2015/9/23
    「River Boat Song -Future Trax-」朝倉さや (SLSC-0007)2015/9/23

    山形が誇る“歌姫”さやちゃんの挑戦!民謡を大胆にアレンジし、RAP・FUNKと融合した本作はまさに“近未来型MINYO”!『River Boat Song』(←最上川舟唄ね)は必聴!民謡の概念変わります! (新星堂 鶴岡店 / 成澤長一)

    <その他ノミネート作品>「ララバイ」佐々木龍大 / 「Who is Callme?」 Callme /「バースデー」アンテナ /「GPS」空想委員会 /「道端の主題歌」中川正太朗

  • 北陸ブロック賞:「SAD COMMUNICATION」POLTA(HFCD-020)2015/7/29
    「SAD COMMUNICATION」POLTA(HFCD-020)2015/7/29

    POLTAは「スクールカースト最下層の人たちの人生を、思い出までひっくるめて労う音楽」と、一風変わったテーマを掲げて活動している富山県富山市出身の尾苗愛(ex.禁断の多数決)と熊本県出身のふくだ傑による男女ふたり組ロックユニット。二人夫々作詞作曲をするため、楽曲の毛色が違うのもとても面白く特徴的である。多くの曲に1960年代~2010年代の名曲への敬愛からのオマージュやリビルドを散りばめ、POLTA独特の視点で描かれるネガティブ人間のリアルな心境と願望を切り取った日常を歌詞に綴り、尾苗の少女のような透明感と独特の色気の混在した歌声で歌う。活動7年目にして初のフル・アルバム『SAD COMMUNICATION』には、そんなPOLTAの音楽世界観を凝縮した全10曲が堪能できる。自分たちが主導になり手がけているミュージックビデオからもPOLTAの曲の世界観と深さを知ることができるので気になった方は、まず調べて聴いてほしい。 (HMVイオンモール高岡 / 大毛利雅人)

    <その他ノミネート作品>「Seattle Standard Cafe' 4」Seattle Standard Cafe' / 「ミライトラベル」A(C) / 「POINT OF NO RETURN」ILLTECNIX /「STARS/ストロボ」noid/my letter

  • 甲信越ブロック賞:「Never Let Me Go」北園みなみ(UVCA-3033)2015/12/2
    「Never Let Me Go」北園みなみ(UVCA-3033)2015/12/2

    新世代ポップメイカーによる冬の新定番アルバム。生音がより心地よく響き、音の融合が夢見心地な時間を届けてくれます。まるで、北園さんの地元、信州松本の雪景色を音楽にしたようです。地方シーン活性化の為にも北園さんの音楽を広めたいです。 (平安堂 あづみ野店 / 豊田大介)

    <その他ノミネート作品>「EMUSIC」新田恵海 /「世界セイフク.EP」NECOKICKS / 「Parade」Sentimental boys / 「RYUTist HOME LIVE」RYUTist

  • 関東ブロック賞:「THE BAY」Suchmos (PECF-3153)2015/7/8
    「THE BAY」Suchmos (PECF-3153)2015/7/8

    平均年齢23歳、横浜~茅ヶ崎在住のメンバー6人組バンド、Suchmos(サチモス)の1st ALBUM!リード曲「YMM」は、心地良いグルーヴィと、ファンキーさを兼ね 備えた大人が聴いても気持ち良い楽曲だ! (山野楽器 商品部 / 藤浦一史)

    <その他ノミネート作品>「エピタフ」トリプルファイヤー / 「SCENT」NEPENTHES / 「![雨だれ]」Kidori Kidori / 「ナナイロユニオン」Glowlamp

  • 東海ブロック賞:「organism」Qaijff (KIRS-1001)2015/6/23
    「organism」Qaijff (KIRS-1001)2015/6/23

    名古屋発のスリーピース・ピアノロックバンド。ピアノボーカル森彩乃の圧倒的歌唱力と名古屋インディーシーンの誇る安定感抜群のリズム隊による演奏は既にメジャー級。テクニカルな演奏を常に試みつつも、キャッチーでシンガロングな楽曲が多く、老若男女問わないファンを獲得している。数々のサーキットイベントへの参加、5度のワンマン開催、さらにはロックインジャパンフェスへの出演を経て、今年は更なる飛躍が期待できる。 (TOWER RECORDS名古屋近鉄パッセ店 / 山下雄大)

    <その他ノミネート作品>「ポタリ」ポタリ / 「オトナとオモチャ』ヒステリックパニック

  • 関西ブロック賞:「By My Side」夜の本気ダンス (ACW-006)2015/7/8
    「By My Side」夜の本気ダンス (ACW-006)2015/7/8

    京都の4人組ロックンロールバンド、夜ダンこと夜の本気ダンス。身体だけでなく心も揺らすダンスロックミュージックを、目と耳で感じられるインディーズラストアイテム。日本各地のライヴサーキットでは軒並み入場規制、大型フェスの会場さえもダンスフロアへと変えるその実力。破竹の勢いで急成長を遂げている夜ダンが、いよいよ今年の3月にアルバム『DANCEABLE』でメジャーデビュー!「日本中の皆さん、踊れる準備は出来てますか?」 (TOWER RECORDS梅田大阪マルビル店 /宮原陽平)

    <その他ノミネート作品>「置き手紙」田中千尋 / 「Daily use」DENIMS / 「Coming Spring 」yonige / 「Break」感覚ピエロ

  • 中国ブロック賞:「藍のうた」カナタ (KNTX-0002)2015/9/9
    「藍のうた」カナタ (KNTX-0002)2015/9/9

    どうしようもない夜を過ごすあなたへ。広島で活動中の空間系ギターロックバンド「カナタ」。音が空間にとけて、痛いくらい、言葉と音が心臓を締めつける。PVにもなっている「月になって」を一度聴いてみてください。彼らは、夜の救世主。どうすることも出来ない夜を朝へと導いてくれる。これから、期待しかない彼らの初の全国流通盤。 (TOWER RECORDS広島店 / 上長者央香)

    <その他ノミネート作品>「HIPPY DO IT!!」HIPPY / 「THE WONDERFUL VOYAGE」さとうもか / 「ココロ予報~雨のち晴れ~」丸本莉子

  • 四国ブロック賞:「tick」LONGMAN (DLSN-0001)2015/8/19
    「tick」LONGMAN (DLSN-0001)2015/8/19

    『tick』はキャッチーでポップな楽曲がギュッっと詰まった中毒性の高い1枚。昨夏には「MONSTER baSH」のオープニングを務め、会場のヴォルテージを一気にMAXにしたポテンシャルは計り知れません!今全国に一番近いバンドです。 (デュークショップ 高松店 / 宮下大介)

    <その他ノミネート作品>「SMASHING AHTHEMS」水樹奈々 /「MOONSTAR daSH」四星球 / 「それでも、僕の足跡は続く」一色徳保 / 「COLD RETRIEVER」Get your Fragment!! / 「トランス状態」sympathy

  • 九州ブロック賞:「≒」BLUE ENCOUNT (KSCL-2603)2015/7/22
    「≒」BLUE ENCOUNT (KSCL-2603)2015/7/22

    この街から逃げるように出て行った彼らは、たくさんのストーリーを抱えて帰ってきた。あの頃彼らの魅力を見つけることが出来ずにいたこの街が、彼らから溢れ出す夥しい熱と泣けちゃうような青さと、違う街で揉まれた逞しさ、に惜しみない賞賛の声と眼差しを送る。“この街だけではなく日本中の誰もが”にまで急速に彼らは全部ひっくるめた物語を受け入れさせた。これまで、よりも これから。それが見えるから頼もしい。 (フタバ図書サウンドGIGA&TERA福岡代表 /大畑亨)

    <その他ノミネート作品>「Are You Coming?」WANIMA / 「à la carte」藤原さくら / 「自由律」黒木渚

  • 沖縄ブロック賞:「People People」MONGOL800 (HICC-4001)20158/19
    「People People」MONGOL800 (HICC-4001)20158/19

    想いを発することは何かを変える!自分の中の正義と向き合える…今、日本にとって必要な一枚だと思います!!! (新星堂 イオンモール沖縄ライカム店 / 本山美久)

    <その他ノミネート作品>「Sugar Cane Cable Network」BEGIN / 「リボーン」ネーネーズ /「HOOK UP」U-DOU & PLATY / 「風のメロディー」R3

第8回CDショップ大賞2016の取組み

全日本CDショップ店員組合実行委員会会議により、第8回CDショップ大賞2016の取組みを下記の通り実施する事となりました。大賞概要や選考基準、投票資格者についての変更は特にありません。

第8回CDショップ大賞2016実施内容

年間2回に分けてノミネート作品を投票・発表し、全ノミネート作品から最終投票によって大賞作品を選出します。部門賞は二次ノミネートからの投票開始となります。なお、大賞・部門賞は授賞式時に発表します。

CDショップ大賞概要

CDショップ大賞は、全国のCDショップ店員の投票だけで選ばれる年に一度の賞です。

メジャー、インディーズを問わず、CDショップの現場で培われた目利き耳利きを自負し、選考に際して個人的な嗜好に偏る事なく、賞をきっかけに店頭から全国に向けて発信出来るような“ブレイク”が期待される“本当にお客様にお勧めしたい”作品を“大賞”として選出していきます。CDショップ大賞をはじめ様々な賞を通して、新しい才能、素晴らしい作品、そして誰かの人生を変えてしまうかもしれない作品を、伝え届けることを目指します。

CDショップ店員が「行かなきゃ 会えない 音がある。」というスローガンのもと、一般の音楽ファンの方々に素晴らしい作品やアーティストとの出逢いをもたらすような賞でありたいと考えています。

大賞発表&授賞式

2016年3月上旬予定
※大賞の発表、その他の賞の発表
※CDショップ大賞SPECIAL LIVE授賞式同時期予定

最終投票

  • 概要: 一次ノミネート作品と二次ノミネート作品の中から大賞作品と思う作品を投票
  • 投票期間: 2016年1月6日(水)〜1月17日(日)
  • 投票方法: WEB、携帯、FAXにて投票
  • *投票は一人1作品までとします。
  • *部門賞は二次投票時から投票できます。

選考基準

「行かなきゃ 会えない 音がある。」

  • *CDショップの現場で培われた目利き、耳利きによる選出
  • *受賞をきっかけに沢山のお客様にご来店いただける作品
  • *受賞によってアーティストのブレイクに繋がる作品
  • *メジャー、インディーズは問いません

投票方法

以下の方法で投票期間に投票が行えます。

  • WEB: 投票期間中、当ページよりアクセス可能です。
  • 携帯: 投票期間中、当ページよりアクセス可能です。
  • FAX: 投票期間中、投票用紙を当ページよりダウンロードの上、FAXでの投票が可能です。
  • *投票数は一人1作品までとします。
  • *推薦理由のコメント記入は任意とします。(推薦コメントは全て該当アーティストに届けます。)

投票資格者

新譜を扱うCDショップの店員(アルバイト、パートも含む)

部門賞

それぞれの各部門でCDショップ大賞スローガンに基づき、本当にお客様にお勧めしたい作品を選出します。(二次ノミネート作品投票期間から任意投票)

  • 洋楽賞: 2015年に発売されたオリジナル楽曲で構成された洋楽アルバム。(国内盤、輸入盤問わず。ただし再発、ベスト盤を除く。)
  • マエストロ賞: 永年にわたり音楽シーンを牽引し、目覚ましい功績を残しながら、今なお第一線で活躍を続けているアーティストの作品を選出します。(邦楽オリジナルアルバム。ベスト盤を除く)
  • ライヴ作品賞: 2015年に発売された素晴らしいライヴCD又はライヴ映像作品から選出します。(ライヴ映像作品はミュージックビデオやプロモーションビデオではないDVD等の作品)
  • クラシック賞: 邦洋問わず国内盤、新譜、新録音のCDが対象となります。
  • ジャズ賞: 邦洋問わず国内盤、新譜、新録音のCDが対象となります。
  • 演歌賞: シングルでもアルバムでも可とします。
  • リビジテッド賞: 2015年に発売された再発作品、再編集盤、発掘音源による新譜など、過去のアーカイブ音源を使用したアルバムで、アーティストの再評価に繋がる、パッケージの創り手の思いが伝わる作品を選出します。(洋楽、邦楽、国内盤、輸入盤は問いません。)

二次ノミネート作品 (アーティスト名50音順)

第8回CDショップ大賞2016二次(後期)ノミネート作品は、一次ノミネート作品を除く、2015年1月1日~12月31日に発売された邦楽の新譜(ベスト盤を除く)を対象とし、2015年11月30日(月)~12月14日(月)に行われた全国の各地域のCDショップ店員による投票によって、10作品がノミネート作品として選出されました。

  • 「L-エル-」Acid Black Cherry / AVCD-32243 (2015/2/25)
    「L-エル-」Acid Black Cherry / AVCD-32243

    これを聴かずに何を聴く!!前作『2012』以来約3年ぶりとなるオリジナルコンセプトアルバム。 一人の少女に焦点を当てて、その生涯を、壮大な物語として楽曲で表現し、その物語を聴き手が具体的に連想できるように「コンセプトストーリーブック」で導く。 yasuさんの溢れんばかりの才能と感性が詰まった最幸の1枚。ぜひたくさんの人に聴いて頂きたいです。 (TOWER RECORDS販売促進統括部プロモーション企画部 / 伊藤愛奈)

    曲づくり、ジャケット、歌詞カードやDVD(初回)などアルバムの端から端まで全てyasuさんが関わり、コンセプトでもある「愛」とこだわりがたっぷり詰まった作品。この作品の軸とも言えるコンセプトストーリーは悲しく切ないエルの人生の物語で、アルバムに収録されているすべての曲を繋いで一つの真実に導いてくれます。曲だけ聴いてももちろんかっこいい素敵な曲ばかり!しかしストーリーと一緒に聞くと背景が付いて、また違ったように聴こえるんです。切なくて悲しいけど美しくて温かいこの物語が私は大好きです!!老若男女全ての世代の方に共感できる部分があるし、この先何十年経っても愛される作品になってほしいです。また曲名や物語などいろんなところに、yasuさんの遊び心が隠されています!それをひとつひとつ見つけていくのも面白い!!大切なアルバムをまた一つ生み出してくれたyasuさんに感謝しています!ありやす!!! (新星堂加古川店 / 谷本朱野)

  • 「人生はまだまだ続く」キュウソネコカミ / VICL-64437 (2015/10/21)
    「人生はまだまだ続く」キュウソネコカミ / VICL-64437 (2015/10/21)

    イマの時代を全速力で駆け抜けているバンド・キュウソネコカミ。ライブやフェスにはもちろん、メディアにも引っ張りだこで、確実に老若男女全方位型バンドに近付いている。そんな今の彼らだからこそ、歌える歌詞、鳴らせる音がある。みんなが目を逸らしがちな問題にスパーンッ!っと切り込む歌詞は健在だが、今作では視野がグンと拡がり、共感する人が、世代が、拡がった。また、メロディは、あの独特なキュウソ節に磨きがかかり、多くの人が聴きやすいと思う。こんなにも純粋で、真剣で、かっこよくて、面白いバンドを、私は他に知らない。あなたの人生に、ぜひキュウソネコカミを入れてみてほしい。キュウソネコカミはまだまだ続く!(ё) (HMVグランフロント大阪 / 川崎愛未)

    約3年ぶり、メジャー初のフルアルバムとなる今作は、ロック、ファンク、ヒップホップ、エレクトロなど、様々な要素を取り込んで進化した楽曲たち!だけどやっぱりキャッチーでポップで楽しくておもしろい!そしてDISるだけじゃない!沁みる歌もある!きっとキュウソをもっと好きになる、無条件に元気が出るアルバム! (TOWER RECORDS京都店 / 野崎祐子)

  • 「THE BAY」Suchmos / PECF-3153 (2015/7/8)
    「THE BAY」Suchmos / PECF-3153 (2015/7/8)

    ラジオから流れた途端、『何このメチャカッコいいGroove!』と耳が釘付け状態。アルバム聴いたらもっと釘づけ!!この夏聴きまくった1枚。なんか聴いてるとベイエリアをドライブしてるデジャヴにとらわれます。 (山野楽器販売促進室 / 中島光英)

    最近、様々なイベントにも顔を出し始め、注目を集めるSuchmos。まずバンド名からして「おっ?」と驚かせるが、内容も濃厚な出来栄え。ブラックからDJ、ファンク、JAZZと様々な要素を持ちつつも古臭くない。どこか気だるく、リアルでいながら新鮮で…、そんな唯一無二な雰囲気が日本から、それも若手が醸し出せるとは驚きだ。 レコードのアナログ感と過去のアーティストへのリスペクト、そして洗練されたモダナイズ感を一挙に味わえる至高のアルバム!これが1stALだなんて今後も期待するしかない!! (新星堂アクアウォーク大垣店 / 山本誠也)

  • 「ジパング」水曜日のカンパネラ / TRNW-0150 (2015/11/11)
    「ジパング」水曜日のカンパネラ / TRNW-0150 (2015/11/11)

    みんなが気付いてしまってからの彼女たちの確信犯ぶりは想像以上に爽快だった。音楽やパフォーマンスが戻るべき節度というか初期衝動か、いや何とも言えないものをとにかく魅せてくれることに感謝。 (フタバ図書サウンドGIGA&TERA福岡代表 / 大畑亨)

    ようやく水曜日のカンパネラの全国流通盤が出された。むかし、電気グルーヴがいたナゴム系のにおいを感じる、いわゆるインディーズならではの世界観が癖になる。好き嫌いが別れそうですが、聴けば聴くほど癖になって抜けません。 (山野楽器ミウィ橋本店 / 仲西正代)

  • 「シャンデリア」back number / UMCK-1528 (2015/12/9)
    「シャンデリア」back number / UMCK-1528 (2015/12/9)

    誰もが一度は聴いた事がある名曲揃いのベスト級のアルバム!!素敵な楽曲ばかりで何度聴いてても聴き飽きません!大切な人へ贈るプレゼントとしても素敵だと思いました。 (HMV音楽映像統括 / 下島夢乃)

    これまでの凄みすら感じるメロディーは更に洗練され、歌詞はストレートでより多くの人に受け入れられるものに!それでいてこれまでのback numberらしい切なくて深みのある曲もしっかり収録されています。この勢いで国民的バンドへの道を駆け上って欲しい。 (フタバ図書TERA広島府中店CDV部門 / 金重輝明)

  • 「≒」BLUE ENCOUNT / KSCL-2603 (2015/7/22)
    「≒」BLUE ENCOUNT / KSCL-2603 (2015/7/22)

    かつて青春時代にロックが側にいてくれた人にも、今真っ只中な人にもどこかハマるポイントのある一枚。背中をそっと押される、というよりは、心をわしづかみにされたあげく問答無用で蹴り飛ばされる感覚。熱い音楽と耳馴染みのいい声のバランスも良し。 (ディスクピア日本橋店 / 北浦有子)

    “魂心の一撃”を心臓にくらった。 数え切れない位、アルバムを聴いてきたがこんなにも猛スピードでぶっ飛んだアルバムは初めてだ!ブルエンの今までの想いが全て詰め込まれたメジャーファーストアルバム!“名盤”なんて言葉じゃとても収まりきらない。あの時「僕らみたいなもん見つけて貰えて良かった」って言ってたけど、もう誰も離さないよ。絶対に。こんなにも心を熱く楽しく、そして生きる希望をくれる音楽なんてないから。これからもずっと限りなく近くにいるアルバム「≒」。ありがとうBLUE ENCOUNT。 (新星堂ゆめタウン光の森店 / 原貴之)

  • 「YELLOW DANCER」星野 源 / VICL-64439 (2015/12/2)
    「YELLOW DANCER」星野 源 / VICL-64439 (2015/12/2)

    いや、これを推薦するのに理由が必要でしょうか。聴きました?聴いたなら分かりますよね。聴いててすごく楽しいんだもん。音楽ってそうです、楽しいものです。忘れがちですけどね。めっちゃいいです。そしてめちゃくちゃ音楽好きすぎて楽しいとかもういっそ求めてないんだけど・・・みたいな人も一度聴いてみてください。この音楽をジャンル分け出来ますか?ブラックでもホワイトでもなく、もちろんただのJ-POPではない。まさしくイエロウ。すばらしいです。聴けば意味分かると思います。そして聴いてるうちにきっと踊りだしちゃいます。音楽って楽しいものでしょ!やっぱり!これを聴かずに2015年を終えちゃったら、ダメだなー! (グロスレコード豊橋南店 / 石川将大)

    文句なしJAPANESE POPSの金字塔完成! (ディスクユニオン町田店 / 三田謙二)

  • 「Bremen」米津玄師 / UMCK-1522 (2015/10/7)
    「Bremen」米津玄師 / UMCK-1522 (2015/10/7)

    米津玄師という才能に触れた瞬間、色とりどりの音が心の中で弾け飛ぶ。彼が描く深みのある歌詞と自由自在に変化する美しいメロディが僕たちの心を温かく包み込む。このアルバムの世界観を是非とも味わって欲しい。きっとそこには決して揺らぐことのない音楽の力が刻まれているから。 (ブックセンター湘南佐沼店 / 菊地郁哉)

    メロディー、歌詞、どれも特別で素敵ですが、何といってもこの声に魅了されます!心の奥が揺さぶられる力強い歌声と、心の中を温めてくれる優しい灯りのような歌声。歌詞カードに描かれている絵も素敵で、その世界観を確立しています。配信ではなく、パッケージまるごと作品として手元に置いておきたいアルバムです。 (新星堂成田ユアエルム店 / 冨塚ゆかり)

  • 「When the World is Wide」Ykiki Beat / PCD-93934 (2015/7/22)
    「When the World is Wide」Ykiki Beat / PCD-93934 (2015/7/22)

    抜群のメロセンスと楽曲のよさ。ベタに感動しました。90年代を通ってる僕は軽いデジャブ感を伴う衝撃を持って受け止めました。若いのにこの洗練さ。さらに先が聴きたい8曲はコンパクト感も狙っていたかの様でしびれます。 (HMV札幌ステラプレイス / 野瀬滋)

    若き5人が鳴らす世界でも引けを取らないクールなサウンドが、ここ日本から発信された記念すべき2015年の決定盤! Joy Divisionを彷彿とさせる楽曲や、ロックンロールリヴァイバル後期のタイトなサウンドを聴かせてくれたりと、様々なジャンルを吸収し消化したサウンドは胸をアツくさせる。しかしなんといってもM-5『Forever』は2015年を代表する名曲。 (TOWER RECORDS久留米店 / 梶原リエ)

  • 「Are You Coming?」WANIMA / PZCA-76 (2015/11/4)
    「Are You Coming?」WANIMA / PZCA-76 (2015/11/4)

    初めて聴いても楽しくなって拳をあげたくなるパワーミュージック。観ていなくても楽しさ溢れる笑顔と無我夢中に楽器を演奏する姿が浮かんぶ彼らの音楽に老若男女、ライブキッズ、サラリーマン、誰もが魅せられていると思います。 (TOWER RECORDS広島店 / 太刀掛千穂)

    とかく語感を重視し、英語に逃げがちなメロコアというジャンルで、むしろ日本語の有声子音だらけをアドヴァンテージにするような見事な歌メロ。そして、何故か聴くと笑顔のまま涙が溢れてくる歌詞。サビでもコーラス部分でも無く、Aメロから観客の大合唱が起こる光景が日本で観れるとは! (TSUTAYA MD・販促部 / 大川博之)

*初回盤と通常盤がある作品は通常盤をご紹介していますが、作品によっては初回盤がまだ購入できる作品もございます。店頭にてご確認ください。

コメントカードPOP PDF

コメントカードPOP JPG(zip)

ロゴ POP素材 ZIP

ポスター PDF

一次ノミネート作品 (アーティスト名50音順)

第8回CDショップ大賞2016一次(前期)ノミネート作品は、2015年1月1日~6月30日に発売された邦楽の新譜(ベスト盤を除く)を対象とし、2015年6月19日(金)~7月3日(木)に行われた全国の各地域のCDショップ店員による投票によって、10作品がノミネート作品として選出されました。

  • 「ALXD」 [Alexandros] / UPCH-2036 (2015/6/17)
    「ALXD」 [Alexandros] / UPCH-2036

    改名後初のアルバムである今作は、全ての楽曲が輝いていてカッコ良さがさらに際立っている。「世界一のバンドになる」と掲げている彼らだからこそ、その頂に向かって全力で僕らに熱い音楽を届けてくれるのだろう。ボーカル川上洋平が歌う情熱のあるメッセージが立ち止まったままの僕たちの背中を全力で押してくれるだろう。彼らの音が鳴り響く限り、僕は信じる。世界一のバンドになる日を! (ブックセンター湘南佐沼店 / 菊地郁哉)

    今まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼ら。地上波への露出を含めてかなりの認知度を上げていますが、まだまだこのアルバムの1曲目の「ワタリドリ」しか知らないお客様も多いかと思います。 このアルバムは日本語詞の曲もありロックでありつつも、比較的とりつき易く踊れるナンバーも多いため既存のファンの方にだけにとどまらず、彼らに興味を示し出した新しいリスナーの入り口になり易いアルバムだと思いました。 現に私がその一人だったりもします(笑) 英語詞ですんなり歌えないのに何故か口ずさみ歌いたくなるメロディーセンス。 聴いていて全く飽きの来ない曲展開と曲のバランス。 私自信がストアプレイでハマッて好きになった事実があるので、お客様の耳に届けば必ず気に入って頂けると思います。 (山野楽器イオンモール鶴見緑地店 / 原 恵理子)

  • 「HAPPY」 大原櫻子 / VICL-64342 (2015/3/25)
    「HAPPY」 大原櫻子 / VICL-64342

    歌が上手い、そして表現力抜群、そしてカワイイと来たら注目せずにはいられないでしょう!こういう輝きを見ることが出来るのは幸せなことですよ。彼女の歌はだれかの背中を押してあげられるパワーがあるから、CDショップとしてはこういうアーティストをちゃんと世にお薦めしていかないと! (ミュージックプラザインドウ / 相原真子)

    映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」のときから気になっていた大原櫻子。今ドキの女の子が思うピュアな歌詞や、タイトル通りハッピーな楽曲が詰め込まれた1stアルバムは、聴いた途端ハマっちゃいました。可愛いルックスから男の子のファンが多いかなと思いきや、女子高生がよく買ってくれたのはオドロキ!みんな彼女の“ギター女子Style”にあこがれてるみたいです。 (山野楽器販売促進室 / 中島光英)

  • 「TIME」 KANA-BOON / KSCL-2535 (2015/1/21)
    「TIME」 KANA-BOON / KSCL-2535

    前作リリースから確実に磨かれた歌詞とメロディーは、得意の“踊れる音楽”だけではなく、“聴かせる”“魅せる”音楽へ進化していて驚きました。限りある「時間」の中で急成長し、彼らの音楽の幅を無限に広げたアルバムだと思います。 (TOWER RECORDSアリオ札幌店 / 薦田愛美子)

    またやってくれたか!という感じ。メロディやら歌詞やら色んなものが巧みに私たちの心に刺さってきます。「この曲のここが好き」とか「この曲の後にこの曲が来るのが最高」とか、それぞれのポイントを挙げて語り合いたくなる、そんなアルバムです。「繰り返す歌詞がいい」とか「キャッチーさがいい」なんて言葉だけじゃ、もうKANA-BOONの魅力は語れません。 (TOWER RECORDSアリオ上尾店 / 昼間もも)

  • 「HOT!」 KEYTALK / VICL-64355 (2015/5/20)
    「HOT!」 KEYTALK / VICL-64355

    KEYTALK。音大・音楽の専門学校出身で個人個人の演奏技術が高く音楽知識も多い。また、全員がフロントマンのようでライブでのパフォーマンス力も高い。メンバーは全員、作曲をすることができる。KEYTALKは色々と、本当にすごい。“似ている曲”は絶対にないから、何回聴いても飽きない。誰が聴いても楽しめる。何回も聴きたくなる。リリースする作品は必ず前作を超えてくる完成度で圧巻です。10月には日本武道館公演も決まっているKEYTALK。聴かず嫌いなんてしていたらもったいない。1人でも多くの人に聴いてほしい!そんなアルバムです。HOT! (TOWER RECORDS静岡店 / 杉山慎那)

    KEYTALKの凄いとこ言います!①ライブでみんなぐるぐる回る!②若さ溢れる才能!③寺中さんと首藤さんのツインボーカルによる歌声! 熱いのにキャッチーで、新緑が芽吹くような非常にすがすがしい曲群!特に疾走感溢れるメロディに季節感を盛り込んだキラーチューン「桜花爛漫」は懐の深さが伺い知れる。彼らにとってブレイクスルーとなる作品だと思った! CDショップ店員としてHOTけない!KEYTALKべし! (新星堂イクスピアリ店 / 徳武喜一)

  • 「SAYONARA」 SAKEROCK /DDCK-1042 (2015/4/8)
    「SAYONARA」 SAKEROCK

    歌詞がない分純粋に音を楽しめるインストバンドSAKEROCKだからこそ聴ける音たちに加え、ラストアルバム「SAYONARA」では四年半個々の活動をしてきた事から、これまでになかった音が武器となって聞こえてくる気がします。初期のアルバム「YUTA」の帯に書かれていた「うっかり死んでしまっても、このCDがあれば大丈夫。あの世で楽しく踊れます。」ラストライブでもBa.馨くんが言っていましたがこのアルバムを説明するのもこの言葉に尽きます。 (HMVイオンモール高崎 / 中田瑛美)

    「SAYONARA」と言うには惜しいほど、インストバンド史上、そしてSAKEROCK史上最高の名盤なのではないでしょうか。 優しかったり、おどけていたり、時にはおセンチだったり、はたまた狂気じみていたり…。 SAKEROCKの音楽はいつも心のふとした部分をついてくるから、ズルイ。でも、だからこそ音楽が心に、体に染み入ってくるんですよね。 SAKEROCKは解散してしまったけど、この一枚があれば、あの世でだって楽しく踊っていられます。 (TOWER RECORDS広島店 / 長坂信子)

  • 「Obscure Ride」 cero / DDCK-1043 (2015/5/27)
    「Obscure Ride」cero / DDCK-1043 (2015/5/27)

    ダントツ!良作が続々とリリースされる国内インディーシーン。とても高いレベルで作品がひしめき合い、故にそこから突き抜ける事がとても難しい現状。そんな中、cero がリリースする3作目は完全に“突出”した作品!クオリティー、完成度、アイデア、クリエイティビティ、発想、こだわり・・・そんな全てが規格外。リスナーの想像を遙かに超えた驚きの作品です。ロバート・グラスパーやディアンジェロをはじめとしたブラックミュージックからの着想、そして彼らの深い解釈を経由して生み出されたこんなにも豊かな音楽。聴きながら何度も「すげぇ」と呟いてしまう、こんな作品中々ない。2015年半分しか終わってないですが「年間ベストはこのアルバム!」と言い放ってしまいたい。 (HMV ONLINE / 松井剛)

    テン年代の金字塔がついに登場!震災の憂鬱から、スマホ~SNS時代の東京の気分、近年再評価されるディアンジェロ等の洋楽まで反映した、まさに「今」しか生まれ得ないシティ・ポップ。 (ディスクユニオン横浜関内店 / 山田竜輝)

  • 「WWDD」 でんぱ組.inc / TFCC-86505 (2015/2/18)
    「WWDD」でんぱ組.inc / TFCC-86505 (2015/2/18)

    実は私、彼女たちの大ファンなんです。実は私、プロのショップ店員でもあるんです。 彼女たちのアルバムが出る!それならCDショップ大賞に推薦したい! でも、もし自分のプロとしての信念を曲げることになったら…そんな風に発売まで悶々とした日々を過ごしていました。 とんだ取り越し苦労でした。最高のアルバムでした。時代を席巻している作家陣の曲に気圧されることなく堂々と歌い上げたこのアルバムは、プロだからとかファンだからとか、そんな小さな事は関係なく単なる音楽好きとしてオススメできる最高のアルバムでした! (積文館書店大野城店 / 内田淳)

    ファンタジー溢れ、現実を忘れさせてくれる『でんぱーりーナイト』から始まり、様々なサウンドと際立った楽曲群で、まるでミュージカルのような1枚。しかしアイドルらしく元気と笑顔を与えてくれるだけかと思いきや、まるで心の内側の寂しさを吐露しているかのような『檸檬色』『ブランニューワールド』では、あくまでも一人の人間として精一杯生きているんだと訴えかける。不器用で生きるのが下手な人間だって、アイドルとして人々に元気を与えられる。「自分だって、何かできるんじゃないのか?」と勇気を与えてくれる。意地っ張りさんも照れ屋さんも八百屋さんもあなたも、必聴です。 (HMVルミネエスト新宿 / 木野裕也)

  • 「YASHINOKI HOUSE」 never young beach / ROMAN-002 (2015/5/13)
    「YASHINOKI HOUSE」 never young beach / ROMAN-002

    商店街から遥か異国の海の上まで--70'sと現代を行き来するグッドサウンドで舵をとるは東京の5人組!サイケやエキゾチックも兼ね備えた極上ポップス。その中に散りばめられた”響き”を重視した言葉選びや文学的歌詞に至るまで、はっぴいえんどやティンパン・アレーへの敬愛の念を感じずにはいられない至極の9曲!最高です! (TOWER RECORDS久留米店 / 梶原リエ)

    2015年にナイアガラサウンドを鳴らす、シティポップバンド。涼しげなサウンドに大滝詠一的なポップセンスのメロディーをのせたこの夏海に行くには欠かせない一枚。 (TOWER RECORDS渋谷店 / 加藤夏樹)

  • 「CAVU」 04 Limited Sazabys / COCP-39047 (2015/4/1)
    「CAVU」 04 Limited Sazabys / COCP-39047

    無数のメロディーラインがGEN(B、Vo)の透明感ある歌声をより際立たせます。POPなものから哀愁たっぷりなメロコアまでジャンルに囚われないその型は、聴くものを魅了し、幸福感さえ感じてしまうほど周りを笑顔で満たすほど。人それぞれ好き嫌いがありますが自信をもって皆さんに聴いてもらいたいバンドです。(TSUTAYA MD・販促部 音楽レンタル / 後藤泰裕)

    インディーズ時代からの人気曲のNEWバージョン、また新譜もメジャーになってさらにパワーアップした曲ばかりのマストアルバム。盛り上がる曲満載で今後にも期待の名古屋バンド。名古屋バンドが熱い!! (HMV京都カナート洛北 / 杉山ふみ)

  • 「35xxxv」 ONE OK ROCK / AZCS-1041 (2015/2/11)
    「35xxxv」 ONE OK ROCK / AZCS-1041

    世界へも活躍の幅を広げる彼らの今作は今までとはガラッと雰囲気の違う一枚になっている。世界向けであり英語の歌詞が印象的だが意味を理解して自分も歌えるように口ずさみたくなる曲が多い。一曲一曲の完成度が高いため何度もリピートして聴き入ってしまう・・・誰しも気づけばこのアルバムの虜になってしまうだろう。今後も彼らの活躍には目が離せないし、間違いなく新世代を担っていくロックバンドだとこの作品を通して改めて確信した。 (HMVイオンモール成田 / 諏訪敬子)

    真紅のジャケはROCKへの熱量の証!!! 機は熟した、とばかりに堂々と、世界を見据えた挑戦的かつ挑発的な曲のオンパレードに圧倒されっぱなし。先日発表された北米メジャーデビューはもはや驚きではなく納得です。今はまだ世界への挑戦者だけど、全世界がワンオクに挑んでくる日がすぐそこまで来ている予感をバリバリ感じさせてくれる傑作。 (新星堂キャナルシティ博多店 / 隈元裕美)

*初回盤と通常盤がある作品は通常盤をご紹介していますが、作品によっては初回盤がまだ購入できる作品もございます。店頭にてご確認ください。

コメントカードPOP PDF

コメントカードPOP JPG(zip)

ロゴ POP素材 ZIP

ポスター PDF

一次ノミネート作品投票

  • 選考対象作品: 2015年1月1日~2015年6月30日までに発売された新譜(ベスト盤を除く)
  • 投票期間: 2015年6月19日(金)~7月3日(金)
  • 一次ノミネート作品発表:2015年7月15日(水)

二次ノミネート作品投票

  • 選考対象作品: 2015年1月1日~2015年12月31日までに発売された邦楽の新譜(ベスト盤を除く) から、下記選考基準に基づき、一次ノミネート作品を除いた作品を選びます。
  • 投票期間: 2015年11月30日(月)~12月14日(月)
  • 投票方法: WEB、携帯、FAXにて投票
  • 二次ノミネート作品発表: 2016年1月5日(火)
  • *二次投票では一次ノミネート作品投票で見逃した作品、セールスが伸びてきた作品を見直す事も含めて、1月1日から発売の作品に投票が出来ます。
  • *一次ノミネート10作品(二次ノミネート除外作品: アーティスト名 五十音順)には投票出来ません。
  • 「ALXD」 [Alexandros] /「HAPPY」 大原櫻子/「TIME」 KANA-BOON/「HOT!」 KEYTALK/「SAYONARA」 SAKEROCK/「Obscure Ride」cero/「WWDD」 でんぱ組.inc/「YASHINOKI HOUSE」 never young beach/「CAVU」 04 Limited Sazabys/「35xxxv」 ONE OK ROCK

その他お問い合わせ先

全日本CDショップ店員組合 実行委員会事務局
〒106-0031 港区西麻布4-16-7 ハウス西麻布201
NPO法人ミュージックソムリエ協会内(担当・吉川)
TEL:03-3499-5635 FAX:03-3499-3117